プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
おすすめ
アニメ


アニメ


ゲーム


ゲーム
最新コメント
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バイオハザード4』 ゲームレビュー

『 バイオハザード4 』

 
機 種  :PS2、PS3、Wii
ジャンル :アクション
発売元  :カプコン
発売日  :2005/12/1

Good!

作り込みが丁寧で情熱的。スタッフの強い意気込みが感じられる。ボリュームも満点。

TPS視点でアクション性強化。

登場人物それぞれに愛嬌がある。そして主人公のセリフがお洒落。声優陣も素晴らしい。

チェーンソー姉妹の場面はトラウマ。

レオンの視角が狭く、さらに敵の動きが俊敏なので、ドキドキ感がある。

銃器が個性豊か。

ゲーム内容が一新されたが、所々にバイオらしい要素がちりばめられている。

全体のバランスが非常によくとれていて、何度でもプレイしたくなる作品。

アシュリーの色々。


No good

シナリオが弱く、かつてのバイオシリーズの世界観とは違ってしまった。

3D酔いする。

ゾンビじゃない。

アクションが重視され、バイオ特有の恐怖感が薄れた。

バイオにボタンアクションはいらない。クラウザーとのナイフ戦では字幕を読む余裕がない。

アシュリーの護衛が難しい。イライラする。

ラスボスが弱い。

古城編はもう少し短くてもよかったかな。

謎解きが簡単。特にリヘナラ一体目の扉。なんだあれは?


 

[ もくじに戻る ]
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。