プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
おすすめ
アニメ


アニメ


ゲーム


ゲーム
最新コメント
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』 ゲームレビュー

『 バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション 』

 
機 種  :PS3、Xbox 360、Wii U
ジャンル :サバイバルホラー
発売元  :カプコン
発売日  :2013/5/23

Good!

3DSのタイトルをPS3向けにリニューアルした内容。敵に新キャラ。

初期バイオの気味悪さを思い出させてくれる。正式ナンバリングになるべき作品。良質なバイオハザード 良質なサバイバルホラーゲームです。

基本は『4』や『5』と同様の、背後追尾カメラによるTPS風スタイル。射撃時はFPS視点とTPS視点を選択できる。

操作は6に近く、至近敵から距離を離すべく後退しながらの射撃や装填、攻撃しつつ回避といった行動が可能となった。更に、走り移動をしながらの装填や回復も行えるようになっている。

1~3までの「演出と効果音」+「4と5のアクション要素」=今回の作品。登場キャラが凄くいい。

敵がでるタイミングやイベントが起きる間がとにかく絶妙。

ジルのお尻。


No good

レイドモードの難易度が高すぎで、レベル上げが面倒。転売を防ぐための仕様。

ドアやエレベーターが不必要に長く、その間にロードするというシステム。

バイオ5や6と比較すると、こじんまりとしたゲーム。

3DSからの移植時にHARDモードは削除され、替わりにINFERNALモードが追加されたが、さほど新鮮味はなく、3DS経験者は買わなくていいだろう。

戦闘ではパートナーの存在が空気。

音楽は良いのに、SEの音が乾いていて実感が無い。

いくら船上のシナリオとはいえ、水中操作はいらなかったかも。


 

[ もくじに戻る ]
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。