プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
おすすめ
アニメ


アニメ


ゲーム


ゲーム
最新コメント
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大正野球娘。』 アニメレビュー

『 大正野球娘。 』

 大正野球娘。 第1巻(初回限定生産) [Blu-ray] amazon
時は大正14年。帝都・東京は麻布十番。主人公・鈴川小梅は東邦星華學園高等女學院に通う14歳。
女子野球部『櫻花會』を結成し、男子がすなる「野球」といふものに打ち込んでいく…。
――――「一緒に野球をしていただきたいの!」――――

Good!

萌えはもちろんのこと、意外と熱血に野球をやっている。

全員のキャラクターが立っており、作画も比較的安定。

大正時代という変わった設定が、しっかり活かされている。

仲間集めと練習を丁寧に描いたことで、抵抗なく感情移入できる。

ツンデレ、シスコン、百合、ドジっ子、メガネ、委員長、金髪等を網羅。

ランナーコーチの指示やベースカバー等、説得力のある野球描写。


No good

仕方ないのだろうが、一部チームメートの扱いが雑。

地味でヒネリのない展開。

男キャラがウザイ上に、ヒロインの二人が彼氏持ち。

ほぼ野球と関係ない中盤の無意味なギャグ回。

没個性的で見分けづらいユニフォーム姿。

野球をする動機が希薄なメンバー数人。特に主人公。


 

[ もくじに戻る ]
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。