プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
おすすめ
アニメ


アニメ


ゲーム


ゲーム
最新コメント
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『謎惑館 ~音の間に間に~』 ゲームレビュー

『 謎惑館 ~音の間に間に~ 』

 
機 種  :ニンテンドー3DS
ジャンル :立体音響アドベンチャー
発売元  :カプコン
発売日  :2011/8/4

Good!

サウンドは良質で、こだわりのある方も満足できると思います。イヤホンでのプレイを推奨します。

声優陣が豪華。

3DSの機能をフルに使っているソフト。これまでにない新しい体験をさせてくれます。

オトフォニクスがよくできていて、ついつい本体を動かしてしまう。

ストーリーは多種そろっていて、怖い、いやらしい、もの悲しいなどを立体音響を通して体感できます。

ホラー度の高い部屋はスキップ機能が付いてるので飛ばすことができる。

イラストは癖があるので好き嫌いがわかれる。


No good

立体音響、3D、ジャイロなどを体験するソフトにすぎない。ゲームとは言いがたい。

マイク入力があるたびに間違って認識されるので腹が立つ。調整しても認識されない。

ミニゲームの連続なので飽きが早い。肝心のミニゲームの質が悪い。

部屋から部屋へと自動で進んでいくのだが、部屋同士は関連がなく、脈絡のない展開が進む。

セーブがひとつしかない。

声を出してのプレイが基本なので、遊ぶ場所・時間が限られる。

ニンテンドーイーショップで一話をダウンロードすれば充分。


 

[ もくじに戻る ]
スポンサーサイト

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。