プロフィール

映☆画太郎

Author:映☆画太郎
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
おすすめ
アニメ


アニメ


ゲーム


ゲーム
最新コメント
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション』 ゲームレビュー

『 バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション 』

 
機 種  :PS3、Xbox 360、Wii U
ジャンル :サバイバルホラー
発売元  :カプコン
発売日  :2013/5/23

Good!

3DSのタイトルをPS3向けにリニューアルした内容。敵に新キャラ。

初期バイオの気味悪さを思い出させてくれる。正式ナンバリングになるべき作品。良質なバイオハザード 良質なサバイバルホラーゲームです。

基本は『4』や『5』と同様の、背後追尾カメラによるTPS風スタイル。射撃時はFPS視点とTPS視点を選択できる。

操作は6に近く、至近敵から距離を離すべく後退しながらの射撃や装填、攻撃しつつ回避といった行動が可能となった。更に、走り移動をしながらの装填や回復も行えるようになっている。

1~3までの「演出と効果音」+「4と5のアクション要素」=今回の作品。登場キャラが凄くいい。

敵がでるタイミングやイベントが起きる間がとにかく絶妙。

ジルのお尻。


No good

レイドモードの難易度が高すぎで、レベル上げが面倒。転売を防ぐための仕様。

ドアやエレベーターが不必要に長く、その間にロードするというシステム。

バイオ5や6と比較すると、こじんまりとしたゲーム。

3DSからの移植時にHARDモードは削除され、替わりにINFERNALモードが追加されたが、さほど新鮮味はなく、3DS経験者は買わなくていいだろう。

戦闘ではパートナーの存在が空気。

音楽は良いのに、SEの音が乾いていて実感が無い。

いくら船上のシナリオとはいえ、水中操作はいらなかったかも。


 

[ もくじに戻る ]

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

『バイオハザード0』 ゲームレビュー

『 バイオハザード0 』

 
機 種  :Wii
ジャンル :サバイバルホラー
発売元  :カプコン
発売日  :2008/7/10

Good!

バイオ独特の恐怖感が漂う作品。

バイオシリーズらしい、視点固定カメラ。

キャラクターが魅力的。レベッカは可愛いし、ビリーはかっこいい。

GCからWiiに移植の段階で、ディスク入れ替えが不要になった。

ザッピング機能により、キャラ2人を入れ替えながらプレイできる。


No good

アイテム整理が面倒すぎる。アイテムを床に置くシステムが採用されたが、アイテムボックスのほうがよかった。

レベッカが弱すぎるため、ほとんど使わない。

クリーチャーが、実在する生物の大型版ばかりなのでつまらない。

床に置いたものを拾おうとすると、ちょくちょく違うものを拾ってしまう。

世界観は好きだがシステムにイライラしたので2週目はやらない。


 

[ もくじに戻る ]

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

『栄冠は君に2004~甲子園の鼓動~』 ゲームレビュー

『 栄冠は君に2004~甲子園の鼓動~ 』

 
機 種  :PS2
ジャンル :シミュレーション
発売元  :アートディンク
発売日  :2004/7/15

Good!

高校野球ファンに絶対おすすめ!

成長によって、弱小校が強豪に変身していく楽しみ。

ほぼ全ての高校が実名で登場。母校で甲子園を目指そう!

試合中に選手の操作はできないが、細かい指示を与えることができる。

高校野球の雰囲気が充分出ている。


No good

試合は自動操作なので、自分で打ったり投げたりはできない。

外野の守備が全員下手すぎ。

無謀な盗塁が多い。

試合画面のバリエーションが少ない。キャッチャーゴロ多すぎ。

強豪校は何年経っても戦力をずっと維持するので変化に乏しい。


 

[ もくじに戻る ]

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

『SIREN:New Translation』 ゲームレビュー

『 SIREN:New Translation 』

 
機 種  :PS3
ジャンル :ホラーアクションアドベンチャー
発売元  :ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日  :2008/7/24

Good!

『1』のハリウッド風リメイク。

ゲームでこんなに恐怖を与えられるのはすごいことだと思います。

押入れで見つかってしまったときの恐怖。

難易度が低いので、SIREN初心者におすすめ。

新しい屍人がいくつか出てきます。

スコープモードで移動できる。

羽生蛇村、最高!


No good

SIRENなのに怖くない。軽い。

謎解き要素は皆無。

武器が手に入りやすく、武器を持ったらほぼ無敵。

ボリュームが少なく、あっさりクリア。

グラフィックの質感が変わり、不気味さが減った。

虫化屍人は気持ち悪いだけ。怖くはない。

海外向けとはいえ、やはり外国人が主役では雰囲気台無し。


 

[ もくじに戻る ]

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

『ガンダムブレイカー』 ゲームレビュー

『 ガンダムブレイカー 』

 
機 種  :PS3
ジャンル :アクション
発売元  :バンダイナムコゲームス
発売日  :2013/6/27

Good!

ガンダムをプラモであると再定義していて、世界観がプラモ狂四郎。機体のカスタマイズが楽しい。

今後はガンプラを買わずに済む。

汚しや光沢まで塗装で表現できる。

ロックオン機能の変更、ナビゲーターの追加、AI仲間の追加など、体験版から改善されました。

システムや戦闘に関しては、初めから期待していないので納得できました。なにせバンナムなもので。

プレイする前にこんなにワクワクしたゲームはありませんでした……。


No good

ガンプラに愛情を持っている方、ご愁傷さまです。参戦機体は30~50機しかなく、さらに色違いで水増しする始末。カラーリングできるのに、わざわざ色違いですよ。だまし討ちされた気分になりました。後からDLCで搾取するためでしょうね。

裏切られました。体験版で釣り、わざと薄い内容のゲームを販売し、有料DLCでも儲けようという魂胆がみえみえ。バンダイナムコはあと幾度ユーザーを裏切ったら気が済むのでしょうか。

パーツ集めが主目的のゲームでありながら、パーツを課金DLCで手に入れなければならない不可解さ。アンロック式DLC。つまり、ゲーム内に元々データが入っているものを使用不可にしておき、そのデータを使用可能にする解除コードを後から販売するDLCを採用。みなさん、この会社にはご注意ください。

まさかの巨大クソゲー。価格と比較して、完成度が最も低いゲーム。

キャパシティの概念があるため、機体を自由にカスタマイズすることはできません。カスタマイズが売りだったんじゃないんですかね?

格闘武器が強すぎるので、アクションは単調。途中からは雑魚無限湧きがウザい。前半と後半で理不尽さの違いはあるものの、難易度の狂い度合いは同じ。


 

[ もくじに戻る ]

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。